FC2ブログ

プロフィール

ちくわ

Author:ちくわ
はじめまして。
関西大学体育会少林寺拳法部
ブログの担当をしております。
第53代、2回生です。
よろしくお願いします。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/12/09 (Mon) 17:55
新人大会がありました

こんばんは。約1週間ぶりの更新となりました。
今日は、昨日の新人大会について書こうと思います。


昨日、伊丹スポーツセンターというところで
関西学生新人大会が行われました。

前回の夏の学生大会までは、ほとんど毎回
尼崎にあるベイコム体育館で大会が開かれていましたが、
今回は会場が変更になっていました。

会場の最寄駅はJR伊丹駅だったのですが、
そこからさらにバスで約10数分かかるとのことだったので、
わたしたちは駅に7時10分集合という、とても早い朝でした。

なかには、始発の電車で来た人もいるようでした。

駅からのバスは無料の送迎バスでしたので、他大学の方たちと
乗り合わせて会場まで移動しました。


そして今回の会場、これまでと比べてとても小さいところで、
コートも6面しか作られておらず、
2階の観覧席も1大学10席ずつというものでした。


午前中は開始時刻が30分ほど遅れて9時半頃から、
順番に演武の予選ラウンドが行われました。

そして昼休憩をはさんで午後は13時から開会式、
その後演武の本選と運用法の試合が行われました。


わたしは茶帯女子の部の組演武で、エントリー数が少ないために
予選がなく本選からでしたので、観覧席で予選ラウンドを見ていましたが、
改めてきちんと見ると、特に後輩たちがとても上達しているなと感じました。


今回の大会に向けて、わたしたちは演武に力を入れてきたので
それぞれが目標を持って挑んだと思いますが、
惜しくも予選通過は1組のみとなってしまいました。

それでも、予選通過まであと2点、3点という組がいくつもあって、
練習の成果は出てきているのかなと思いました。


演武の本選が終わり、運用法は今回は男子、女子ともに1人ずつの出場なので
OBの先輩方も含めみんなで観覧席から応援していました。
本当はもう1人、男子は出場者がいたのですが、練習中のけがにより今回は棄権となりました。

男子のほうは残念ながら2回戦で負けてしまいましたが、
女子のほうはベスト4まで進み、見事3位入賞となりました!!


最後に演武についてですが、本選にはわたしのところの組演武、
予選通過した段外の単独演武が入賞の可能性があったのですが…

閉会式での結果発表で、見事段外の単独演武で入賞し、名前を呼ばれました!!
久しぶりの入賞者ではないかと思います。順位は4位でした。



ということで、今回は演武、運用法ともに入賞者が1人ずつという結果になりました。

わたし個人としては、今回の入賞者はどちらも2回生で、わたしと同回生です。
来年にはわたしは黒帯での大会出場となり、
演武はさらに入賞が厳しくなり、運用法は出場権を持つことになります。

入賞した2人には本当におめでとう、と思いますが
同回生が活躍しているのを見る側ではなく、自分も活躍する側になりたいと思いました。
次の大会は、わたしたち2回生が黒帯になって、
もっともっと関西大学の名を広めたいと思います。


それから、今回も監督、総監督をはじめとして
OBの先輩方、特に前幹部の4回生の方々が
遠い中応援に来てくださり、感謝しています。ありがとうございました。


今日からわたしたちは完全オフ期間に入り、約2ヵ月ほど練習はありません。
その間に自主練をしたり、勉強をがんばったりそれぞれかなと思います。

練習が再開するまで、あまりこのブログは更新できないと思いますが、
また何かあれば書こうと思いますのでよろしくお願いします。


ひとまず、現役部員は後期の練習お疲れさまでした。

それでは、また更新します。
スポンサーサイト

<< 久しぶりとなってしまいました… | ホーム | 最終練がありました >>

コメント

入賞おめでとうございます

入賞おめでとうございます!

運用法だけでなく演武でも入賞できたのは
いい意味で頑張った成果ですね♪
運用法9人、演武1組くらいの入賞だと総合優勝が狙えるかも!?

冬季の休みにはいりますが、時間はたっぷりあるので
日々の鍛練に励んでください!

応援しています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。